料理の準備

おりょうりの、したじゅんびについての、せつめいです(^-^)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

だしをとる
かつおだし

かつおぶしからとるだしのこと。
1リットルのおゆに、30〜40ぐらむのかつおぶしをいれます。 よわびですうふんかん、にだします。きっちんぺーぱーなどでこします。おすいものや、めんつゆなどにつかいます。

こんぶだし

こんぶからとるだしです。こんぶをみずに30ぷんくらいつけておくとだしがでます。

にぼしだし

にぼしからとるだしです。あたまと、はらわたをとっておくとにがくなりません。20ぷんくらい、みずにつけたあと、ひにかけます。おゆがわいたら、5ふんにてから、にぼしをひきあげます。おミソしるによくあうだしです。

ほししいたけ

みずでさっとあらい、かぶるくらいのみずに、ひとばんつけておきます。れいぞうこにいれて、ゆっくりもどすと、おいしいだしが、たっぷりでます。 いそぐときは、ぬるまゆに、さとうをすこしいれて、そのなかにしいたけを、つけておきます。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

かんぶつをもどす
ひじき

みずでさっとあらったあと、みずに20〜30ぷんつけるか、ぬるまゆに5〜6ぷんつけてもどします。 あまりながいじかん、つけすぎないのが、こつです。

まめ

かんそうしたまめは、みずであらってから みずにつけます。たっぷりのみずに5じかん〜ひとばんつけておきます。 あずきは、もどさずに、すぐひにかけてもだいじょうぶです。

きりぼしだいこん

みずでさっとあらったあと、たっぷりのみずに30ぷんくらいつけてもどします。

こうやどうふ

とうふをこおらせたあと、かんそうさせた、たべものです。ゆるまゆか、みずにつけてもどします。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

あくぬき・そのた
あくぬき

やさいのにがに、しぶみをとりのぞくことを、あくぬきといいます。
●れんこん・うど・ごぼうは、すみずにつけます(おすは、すこし)。
●じゃかいもは、みずにつけます。
●ほうれんそうは、ゆでたあと、みずにつけておきます。
●たけのこは、おこめのとぎじるで、ゆでます。

あくをとる

にくや、さかなをにたときにでる"あわ"をおたまですくいとります。 においや、にごりがとれて、りょうりをおいしくしあげることができます。

あぶらぬき

あぶらあげ、あつあげにおゆをかけて、よぶんなあぶらをおとします。 あぶらぬきをすると、あじがしみこみやすくなって、りょうりがおいしくなります。

いたずり

きゅうりにしおをかけ、まないたにのせ、てのひらでころがします。 いたずりをすると、あじがしみこみやすくなります。

さらす

やさいを、みずにひたして、あくや、にがみをとることを、さらすといいます。 なまのたまねぎは、みずにさらすとからさがぬけて、たべやすくなります。

しおもみ

きざんだやさいに、しおをふってもみます。きゅうりや、だいこんを、さらだや、すのものにするとき、しおもみすると、しんなりして、あじしみこみやすくなります。

ゆせん

ざいりょうに、にゆっくりねつをとおす、ほうほうです。おおきななべにおゆ.をいれ、そのなかに、ざいりょうをいれたぼーるなどを、いれます。ちょくせつひにかからないので、こげることがありません。

ゆむき

とまとのかわをむくほうほうです。十にきれめをいれてから、おゆにくぐらせ、つめたいみずにいれます。とまとのうすいかわがむけて、おりょうりのくちあたりが、よくなります。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

Copyright (c) 2006 こどもおりょうりじてん All rights reserved.

杉山貴子 篠田沙代子